HOME > よみもの > 琉球ガラスって?
HOME > よみもの > 琉球ガラスって?

琉球ガラスって ?

沖縄のガラス製品製造の始まりは明治時代。
現在の「琉球ガラス」と呼ばれる沖縄独自のガラス文化が誕生したのは戦後からである。
敗戦後、物資不足の厳しい状況のなか、当時のガラス職人たちは、
駐留米軍が破棄したコーラやビールなどの廃瓶を回収し再利用することによってガラス製品の製造を行なっていました。
そのような廃瓶によって製造されたガラス製品は「気泡が入ったモノ」や「厚みが均一ではないモノ」であったりと、
本来ならば不良品とされるモノでしたが、この独特の特徴が、後に「琉球ガラス」として人気を呼び、現在に至ります。
当時の製法にならい、廃瓶を再利用し、作品を制作しているガラス作家さんが現在も多くいらっしゃいます。
泡盛の廃瓶が淡いブルーのグラスになり、オリオンビールの廃瓶が柔らかい茶色のグラスに生まれ変わったりと、
沖縄にしかない色合いを楽しむことができるのも琉球ガラスの大きな魅力です。
廃瓶を再利用する製法ではなく、ガラス原料を使用し制作された、南の島ならではの原色の琉球ガラスの人気も高く、
「廃瓶リサイクル作品」「ガラス原料作品」ともに、多くの方々に愛用されています。


 よみもの ・・・・・・・・・・・・・・
記事一覧

 琉球ガラス ・・・・・・・・・・
お取扱い工房一覧

 よみもの ・・・・・・・
記事一覧

 琉球ガラス  ・・
お取扱い工房一覧