琉球ガラス
 

琉球ガラス

 
沖縄のガラス製品製造の始まりは明治時代。現在の「琉球ガラス」と呼ばれる沖縄独自のガラス文化が誕生したのは戦後からである。敗戦後、物資不足の厳しい状況のなか、当時のガラス職人たちは、駐留米軍が破棄したコーラやビールなどの廃瓶を回収し再利用することによってガラス製品の製造を行なっていました。そのような廃瓶によって製造されたガラス製品は「気泡が入ったモノ」や「厚みが均一ではないモノ」であったりと、本来ならば不良品とされるモノでしたが、この独特の特徴が、後に「琉球ガラス」として人気を呼び、現在に至ります。当時の製法にならい、廃瓶を再利用し、作品を制作しているガラス作家さんが現在も多くいらっしゃいます。泡盛の廃瓶が淡いブルーのグラスになり、オリオンビールの廃瓶が柔らかい茶色のグラスに生まれ変わったりと、沖縄にしかない色合いを楽しむことができるのも琉球ガラスの大きな魅力です。廃瓶ではなく、ガラス原料を使用し制作された、南の島ならではの原色の琉球ガラスの人気も高く、「廃瓶リサイクル作品」「ガラス原料作品」ともに、多くの方々に愛用されています。
 
取扱工房


 

やちむん
 

やちむん

 
「やちむん」は、沖縄の方言で「焼き物」のこと。琉球王朝時代、王府の管轄・指導のもと、現在の那覇市壷屋を中心に発展。那覇市壷屋は県内二大やちむん産地のひとつであり、現在も「壷屋焼」として人気が高い。戦後、那覇市壺屋周辺では都市化が進み、薪を使い大量の煙を出す壺屋の「登り窯」は、公害として問題視されることに。結果、壺屋の登り窯は廃止となり、ガス窯への変更を余儀なくされます。この時期を境に、人間国宝・金城次郎をはじめ、多くの陶工が「登り窯」での作陶を可能とする為、読谷村に陶房を移しました。これにより、県内二大やちむん産地のひとつ「読谷村・やちむんの里」が誕生しました。県内最大、13連窯の登り窯「北窯」は、現在、年に5回火入れが行われます。登り窯に何千もの器が詰められ、職人さんたちが交代で火の番をしながら、窯焚きは3日3晩つづきます。沖縄本島北部の「古我知焼」や、中部の「喜名焼」など、那覇市壷屋、読谷村・やちむんの里以外にも沖縄各地には古くから多くの「窯」と「陶芸技法」が存在します。肉厚でぽってりとしたフォルムが特徴のやちむんでしたが、近年、そのスタイルは進化を遂げ、素敵なやちむんが数多く生み出されています。
 
取扱工房


 

紅型と沖縄の織り
 

沖縄の染と織

 
沖縄の染【紅型 / びんがた】
琉球王朝時代から続く、沖縄の型染め。 【紅 / びん】は色【型 / がた】は文様を指す。花鳥山水など、自然風情をモチーフとした絵柄が多く、沖縄ならではの強く明るい色、大胆は配色が特徴的。伝統を継承しながら今日、自由な発想と新しい感覚をもった作家さんたちによって、素敵な「紅型」が日々誕生しています。
沖縄の織
「織の宝庫」と呼ばれる沖縄。首里織、花織、琉球絣、芭蕉布など、国の伝統工芸品に指定されている「織」は、12品目。古来から、沖縄の気候風土、歴史文化が織り込まれた「沖縄の織」 着物や帯に留まらず、日用使いの服飾雑貨など、様々なカタチで現在も愛され続けています。
 
取扱工房


 

 

昭和47年「有限会社琉球民芸センター」創業。
沖縄観光お土産品店としては老舗?になります。昭和の時代は10店舗を営む会社でした。
時代の流れに紆余曲折イロイロあり平成20年07月株式会社琉球民芸センターとなりました。
沖縄の文化や伝統を紹介しながら、お客様に喜んでいただき、沖縄県に貢献できる会社を目指しています。いたって普通のコト。社名も「琉球民芸センター」ですから。
沖縄のお土産品店では海外や県外で作られた『沖縄風』お土産品がたくさん販売されており、弊社もその品々を扱っています。海外や県外の大量生産される商品は沖縄産に比べお値段も安いです。沖縄土産として気軽に購入できる「沖縄風」お土産の方が差上げるお客様も、そのお土産を貰うお客様も、お互い気を使わなくてすみます。でも、それだけでは地元出身として少し寂しいです。だから、お客様自身へのお土産として、大切な方へのプレゼントやGIFTとして、可愛くて、ちょっとお洒落な「さりげなくデザインされ沖縄で作りだされたモノ」を選んでいただきたい。しかし、「沖縄で作られたモノ」だけではお客様に選んでいただけない。今のライフスタイルに合っていなければいけない。伝統の技を継承し『手しごと』に励んでいる方々の力になりたい。作り手の方々と一緒になって今のライフスタイルにあった「新しく・かっこ良く・イイ感じでさりげない伝統工芸」をお客様にご提案させて頂いております。
まだまだできていないコトはたくさんありますが、少しづつ前に進んでいます。

 
株式会社琉球民芸センター
代表 : 下川修市